返済計画を立ていたなら上手な使い方

消費者金融からお金を借りると言うことに一抹の不安を覚えますが、返済可能な収入の予定がある時に必要に迫られて使ったこのケースは賢い使い方だと思います。現代社会はパソコンなしでは非常に不便ですので、その環境を維持するために足りない資金を補った上手な使い方ですね。欲を言えば借りなくても済む様に貯金しておくべきでしたけれど。(35才/男性/会社員)

法律家に相談してください

本当に、適切な返済方法を行っているのでしょうか。次の就職先も決めずに退職する無計画さも問題ですが、50万円をずっと返済できないでいるのも変な話です。低所得者や債務者には、税金や年金を減免してくれる制度があるはずですよ。一度、弁護士などの法律家に相談してみてください。お金をかけたくないのなら、公共の相談窓口でも構いません。(33才/男性/契約社員)

一度しっかり相談した方がいいかも

お金の問題は上手くいかなくなると泥沼です。これまで見つからなかった仕事が急に見つかると言うことも考えにくいので、お金のやりくりが上手くいかずに借金を重ねるようであれば専門家の相談が必要なのではないでしょうか。だんだん貸してくれるところも無くなって行きますので手を出してはいけないところに手を出す前に行動してください。(35才/男性/会社員)

転職は計画的に

何とかなると言う見切り発車で会社を止める人は少なくない数がいます。そして計画も無くどうするかは辞めてから考えるも多いのです。本人はそれで良いかもしれませんが、家族がある人は絶対に避けるべきことであると言えます。預金が減って行く不安とどれだけ付き合えるかを真剣に考えるようにしてください。そうでないときっと後悔しますよ。(35才/男性/会社員)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です