急な出費には強い味方

贅沢をしていなくても生活必需品の修理や冠婚葬祭、病気等はお金が必要になるものです。どうしてもの時に必要な資金を金融機関から借りたお金で賄うと言うのは有効な手段だと言えるでしょう。誰にも迷惑をかけたくない時などに選択可能な手段としては非常に優れたものであると言えます。但し返済計画だけはしっかりと持っておきましょう。返すあての無いお金を借りるのはNGです。(35才/男性/会社員)

必要な時が重なるお金

なぜだか出費が重なるということはよくわかります。こういう時にローンをすることも悪くはないと思いますが、まずは金利なしで借金できる親に頼る方がいいと思いました。もちろんお金を普段から貯めておくことが一番ですが、出費が重なってしまうのは仕方ないことです。しっかりと返済して、今度親が困った時には建て替えてあげましょう。(29才/男性/会社員)

計画性が大事です

大きな買い物をすると財布のひもが緩むと言うのは私も経験があります。特に住宅を購入すると揃えたくなるものも多いかと思います。しかし何事も大きなお金を使う時には注意したいものです。計画的に使って行かないと思わぬところで維持費がかかることもあります。消費者金融等での借り入れは利息が付きますので、利用するのは一時的にしないと損です。しっかりした計画が大切ですね。(35才/男性/会社員)

現状維持という名の泥沼

現状維持に必至ということは、完済する目処が立たないということですよね。詰んでいませんか、それ。それとも、死ぬまで借金を背負い続けるつもりなのでしょうか。詳細は分かりませんが、返済できないのなら別の方法を模索するべきです。債務整理は行いましたか。法律について詳しく調べましたか。すでに、泥沼に嵌っていると思いますよ。(33才/男性/契約社員)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です